色彩の変異、イエロー系モルフ

  1. HOME
  2. レオパの品種(モルフ)について
  3. 色彩の変異、イエロー系モルフ

イエロー系モルフ

代表的なもの:ハイイエロー、ハイパーザンティック、タンジェリン

現在では数多いレオパのモルフが流通していますが、最も古いものは1970年代に作成されたハイイエロー (high yellow)です。このモルフの体表の色は名前のとおり、きつい“イエロー (黄色)“です。野生型のレオパの地色は薄い黄褐色ですが、その中から地色の黄色が強い個体を選別交配することにより、この品種が作り出されました。

ハイイエローは、今では最も一般的に出回っているモルフです。そのため、この種がノーマルと呼ばれることもありますが、実際のところ野生型 (自然界で生息している、何も手を加えられていないもの) ではありません。

ハイイエロー作成後も、ハイイエローを基にして選別交配を繰り返し、さらに黄色が強く、黒い豹紋もはっきりとしている、ハイパーザンティック (hyperzanthic)、タンジェリン (tangerin) 等、様々なモルフが作り出されてきました。

ハイパーザンティック とは、非常に黄色化したという意味です。またタンジェリンとは鮮やかなオレンジ色をした柑橘類の1種であり、両方ともその鮮やかな色合いから付けられた名前です。


  • 冷凍富城ピンクマウスM(10匹)×5(約3cm)冷凍マウス別
  • ¥3864

    無菌室で育成富城ピンクマウスM(10匹)×5(約3cm)対象猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始めあらゆる肉食ペット用特長無菌室で、育成しております。猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始めあらゆる肉食ペッ
    送料込
    口コミ件数 6件
    charm 楽天市場店
  • 冷凍富城ピンクマウスS(10匹)×5(約2.5cm)冷凍マウ
  • ¥2768

    無菌室で育成富城ピンクマウスS(10匹)×5(約2.5cm)対象猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始めあらゆる肉食ペット用特長無菌室で、育成しております。猛禽類、爬虫類、両生類、大型魚を始めあらゆる肉食
    送料込
    口コミ件数 5件
    charm 楽天市場店