レオパを繁殖する前に

  1. HOME
  2. レオパの繁殖と幼体時の飼育
  3. レオパを繁殖する前に

レオパ繁殖の魅力

レオパは繁殖が非常に容易な種で、栄養状態の良い雌雄を同居させておくだけで、特別なことをしなくても交尾し、産卵に至ります。そのため、爬虫類の繁殖を目指す人の間では、レオパはの繁殖は入門編として位置づけられている程、繁殖のハードルは低いです。また爬虫遺の中でも比較的伝法則も解明されているものが多いので、好みに応じて品種を作り出していく楽しみがあります。

増やしても大丈夫?

レオパの繁殖を行う前に、飼育個体を増やすことは可能なのか、個人的に譲りうけてくれる人がいるのか等、まず繁殖させた後の個体の行き先を考えましょう。先に述べましたが、動物愛護法により動物の販売には業者登録が必要となっています。

そのため、繁殖させた個体は、業者としての登録がなければ無償であったとしても不特定多数の方に譲ることはできません。繁殖は事前に計画の上行わないと、増やした個体を自身で飼育し続けることが必要となります。

クロアカルサックおよび前肛孔で雌雄の確認

繁殖させるためには、まず繁殖可能である雄と雌を揃えます。ヤモリの仲間であるレオパは外観から雄雌の判別がつき易い動物です。成熟した個体の雄雌の判別は総排出口付近を見る事により、見分けがつきます。

成熟した雄は総排泄口の付け根付近にクロアカルサックと呼ばれる2か所の盛り上がりがあります。また、総排泄口の頭部側に並ぶ鱗の形状が雄と雌では異なります。雄はこの部分に小さな穴のあいた鱗がV字型に並んでいます。これを「前肛孔」と呼びます。雌はこの部分の鱗も他の鱗と同じ形をしておりV字が目立つことはありません。

さらに全体的にオスはメスよりも大きく、がっしりとしており、頭部に幅があります。雌は雄に比べて丸みのある体つきであることがほとんどです。レオパの場合、成熟した個体に限ってはクロアカルサックおよび前肛孔の有無により、はっきりと雄雌の区別がつきます。しかし未成熟な幼体から亜成体の場合は前肛孔の発達も不明瞭ですので、成熟するまで待つしかありません。

繁殖が可能な体重と体長と年齢

一般的に雄で体重が45g 以上、雌の場合 50g以上であれば繁殖可能であるとされています。 (レオパの体重は、空のケージの重さを測り、次にそのケージにレオパを入れて重さを測り、差をとることで計測します。)標準的なレオパの場合、アダルトサイズと呼ばれる成体 (18cm)でその重さに相当します。

あまりにも早い時期に繁殖に用いると、その後の成長が鈍くなることもあり、雄の場合は生後1年、雌の場合では若いほど未熟卵排出などのトラブルが多くなってしまうため、適切な大きさにまで栄養バランスよく生育させてから繁殖させましょう。


  • ジェックスGEXレプタイルヒートXS6W保温爬虫類パネルヒー
  • ¥1680

    商品名ジェックスレプタイルヒートXS6Wメーカージェックスサイズヒーター本体サイズ:約幅12.0×13.0cm規格電源コード約1.5m定格消費電力6W適応ケージの目安幅200〜300mmグラステラリウ
    送料込
    口コミ件数 1件
    アヴェル楽天市場店
  • ビバリアマルチパネルヒーター32WMP932NV(爬虫類・両
  • ¥4778

    メーカー名/ブランドビバリア/vivariaジャンルペット用品/爬虫類用品/両生類用品/ヒーター商品名マルチパネルヒーター32W商品説明約25〜45度の範囲でパネル表面温度を自由に設定できる、温度可変
    送料込
    口コミ件数 0件
    美活コスメ応援部 BIKACO